京都錦市場近くの老舗名店!『京都一の傳』の西京みそ漬の楽しみ方♪

京都一の傳

wa20.jpg 

京都錦市場すぐ近くの名店、『京都一の傳』のこだわり西京みそ漬
友達から送ってきました!
いやぁ~~嬉しい!凄く有名で、錦市場に行った時にもお店の前で眺めては
1匹も買えず……ため息だけを残して去ると言う(;^-^)

関西に住んでいない、友達からまさかのこちらをプレゼント!
私がずっと食べたかった西京みそ漬け堪能しました。

届く日が指定出来るみたいで、ネットでも販売されてるのも知らなかった。

こんな箱で届きます。食の最高峰と言われている、
3年連続モンドセレクション『最高金賞』受賞の紙が入っています。
世界にも認められた、その商品が、マルクの口に入るなんて!(〃ω〃)

wa10.jpg wa11.jpg 

創業八十余年。
昔ながらの製法と手作りにこだわった独自の西京味みそ漬を
厳選した旬の魚を1切れ1切れ手切りして、秘伝の西京みそ床にじっくり漬け込んだ
本場京都の西京みそ漬。

もっとも有名な銀だら・銀さけ・かれいの6匹入り。
この漬けてある、西京みそを舐めてもほんと美味しかった!!

wa12.jpg wa13.jpg 

みそ漬けは焦げやすいので、ペーパーでふき取りトースターで焼くといいと書いてあります。
うちはフライパンで、魚がひっつかないペーパーをひいて弱火でじっくり焼きました!

wa14.jpg 

銀さけです!
ほんとなんと脂ものっていて美味しい鮭なんでしょう!
味噌の塩気もパーフェクトな塩梅!
もう、初めて食べるお味に、ただただ感動しては、ため息が出ちゃった。
このため息は、感慨のため息ね。

私・・・シッポ辺りの白い皮の部分とその周りの身が大好き♡
もちろん皮ごと全部食べましたよ♪

mi1_201510021324142eb.jpg 
 
銀だら~もうとろける美味しさとはこのことですね。
この銀だら蔵みそ漬がモンドセレクションの金賞をとっています。
wa22.jpg 

脂の乗りがなんと、夢心地ですよ(〃ω〃)
こんな美味しい魚この世にあったの?とさえ思いました。
私、後で気づき、かれいの写真が無いです。。。
家族で分けたので、子供の誰かに入れてしまいました。
私はこの鮭とタラを半ずつ食べたのでした^^

wa21.jpg 

それで、それでですね。

本当は漬けた後の味噌は使わないように書いてあるのですが、期限より早めに焼いて食べたので、
・・・って事はこの美味しい西京みそに再度市販の鮭を漬けてみようって思いました。
(本当はダメですが…)
そして鮭は鮭でも秋鮭。

wa16.jpg wa9.jpg

ところが、ところがですよー
やっぱり同じ味噌でも全然お味が違う!!
鮭の種類が違うし、漬けるにも方法があるんでしょうね。
京都一の傳』の鮭の焼いた写真と比べるとわかると思います。

鮭事態に透明感がありました。
秋鮭は焼くと、白っぽくなりました。

きっとこれだけ食べれば美味しい~と感動したはずなのに、
京都一の傳』で漬けた魚を食べた後では、違いがありすぎました!!

こちら2日漬けましたが、辛さがまた絶妙!辛すぎずほんと塩分の比率までもが黄金比。

wa18.jpg 

で、ですね(まだ続くw)
さらに袋のに残った西京みそが勿体ないですよね。
これを炒め物に使おうと思いました。

最後まで使い切る?ためにいつも使うのは、お好み焼き用のヘラ
これを使うと綺麗に最後まで使えますよ^^

wa2_20150930142202072.jpg wa1_20150930142200e0f.jpg

ジャガイモとキャベツを炒め、残りの西京みそを入れて炒めたら~
これはこれで美味しかったけど、やっぱ白味噌のお雑煮?みたいにしようかなと思い

wa3_201509301422021ce.jpg wa4_20150930142204bbf.jpg

そこへ水を足して煮ました、お出汁いらず人参は初めから入っていましたよ。

wa7.jpg wa5.jpg

お餅なんて入れてみたら、もうすっかり白味噌のお雑煮!!
ただ、お雑煮で頂く場合、ジャガイモで無くお大根の方が良かった(笑)
あ~白味噌のお雑煮大好きなので、ほんと美味しかった!!

wa19.jpg 

暖簾をくぐると、そこには京都の秘伝・文化を感じさせる町屋の空間が広がっています。
1階ではご贈答用やご自宅用を、2階では焼き立ての西京みそ漬や京都の食材をとりいれた
おもてなし料理を味わえるそうです。(サイトより)

いや~知らなかった。食べてみたいランチ!!

この『京都一の傳』の西京みそ漬を根こそぎ?食べつくしたレポでした(笑)
モニターでもなんでもないですよ(笑)

頂いたのは、大切な大切な、友達から。この方には脚もお尻も向けては寝られません。
どれだけの心の重さを背負わせたでしょうか。
ほんと一生感謝してもしきれない友達から頂いたお魚はマルクの体に入り、そして心に入り
感動の渦でした^^ありがとう!(メールで伝えなさいよってw)

京都一の傳のサイトは~
ここのランチめちゃ食べたいわ~~甘味処もあるみたいです!

秋深し…食欲の秋とは昔からの言葉。
季節問わず食欲がある方には、
食欲の秋』ならず
食欲の四季
この言葉でどうだぁー(*゚m゚*)
ある方のコメントを書いていて、思いついた言葉。ナイスでしょ♡