夏野菜のジュレ丼ツユだく(冷やし茶漬け風)

冷やし茶漬け!

冷やし1 


まだまだ暑いこの季節に、乗っけてさらさらと冷たいお茶漬け?ならぬ水丼ツユだく
なんてものを簡単に作りました。

関西は最後の〆お茶漬けをよく食べます。
地方によりお茶漬けはあまり召し上がらないとは思いますが・・・・。 

本日ものっけてポン酢ジュレのレシピです! 

 今回はポン酢ジュレをあまり使わないかもしれないのを考えてみて・・・・
ご飯はどうかな?て思ったのです。

材料
お茄子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
ミョウガ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3本
生とうもろこし・・・・・・・・・・・・・・1本
オクラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1パック
鶏ささ身・・・・・・・・・・・・・・・・・・2本

ハウスぽん酢ジュレ・・・・・・・・・1人大さじ1
ご飯、水・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

作り方
①お茄子は塩でもんでおく。オクラはレンジでチンしておきます。
鶏ささ身は沸騰したらお湯の温度を下げて低めの温度の中で10分火を止めて、そのまま冷めるまで取り出しません。
するととても柔らかいささみになります!冷めれば手でさいておきます。
紺j回はフレッシュなコーンを使いましたがも無ければ冷凍でもいいので火を通しておきます。

冷やし5 

後はご飯を水で洗いさらさらにしておきます。その上にこの夏野菜たちを適宜乗せて
真ん中にぽん酢ジュレを乗せます。 上から冷たく冷やした水を注ぎます・・・・・・。

冷やし7 冷やし4

初め水に昆布だしや塩で味を付けるか迷いましたが、上に乗せるぽん酢のジュレで
しっかり味が付くので これで十分でした!

冷やし3 

冷たい水の中にゆっくりなじんでいくジュレが夏野菜と手をつないで、
それは綺麗なハーモーニを奏でてくれます。
・・本間かいな?(;^^)ちょっとだけ気取ってみました(;^^)

スプーンんですくうと、トルン・・てお口のなかに広がるぽん酢のジュレと野菜のシャキシャキ感!
にしみるほどの冷たい水がジュレのおかげで、ただの水から美味しいお出汁へと早変わり!
(歯がしみるな視覚過敏かな?)

冷やし2 

これは食後のお茶漬けではなくメインのランチにいけそうです(^-^)
調味量も何もいらないし、乗っけてかけて・・・という簡単さ!
暑い夏の日に食べたくなる・・食べすぎ注意?水丼ツユだく・・・でした(^-^)


のっけてジュレの料理レシピ 

*************************************

@小さい頃の夢

小さい頃にはありましたか?
私は高校生の頃でさえ、あまり将来はこれになりたい・・・とかって言うのもありませでした。
友人たちは、保母さんにんなる、銀行員に、薬剤師に、学校の先生に、と何かしらあったものです。


私には何もがありませんでした・・・・。


もないまま、たったひとつの会社で働き、結婚しました。
でもここから何かになりたい病?が出るわ出るわ・・・・とめどなく、能力もないのに
勝手に思うだけでしたが・・。


下手なポエムや童話を少し書いたこともあったのでエッセイなど物を書く人になりたい・・・
インテリアコーディネートになりたくて本を買って勉強をしようと
長男の授乳中の時間にそれを読んで覚えたり・・・。


勝手に下手なのに、服のデザインを書いて 男の子の可愛い服を作りたいな・・・と思い・・・。
アニメの声優さんになりたいな・・・(何を血迷ったのかな?)


書いてるだけでもどんだけ大あほ話でしょうね・・。 笑って頂いて結構です。

それも嫁ぎ先は自営業(ケーキ&パン)なので何かになりたいなんてありえません。

でもね幼稚園の頃の卒園文集に書いていた将来の夢が実はかなった形ではあるのです。

それは自分でも全く覚えていないのですが・・・・・そこにはケーキ屋さんとかかれてありました。(笑)
そんなに甘い世界ではないことも今はよくわかりきってるし、甘いといえば売ってるものが甘い
て言うくらいですね?が叶ったと言えるのでしょう?

が叶った方はいるのでしょうか・・・・初恋の方とそのまま結婚した方はいるのでしょうか・・・。
初恋といえば、今まで学校の先生をいいな・・て思ったことが何故だか1度もないままでした。
決まっていいな・・て思うのは病院の先生でした(;^^)