FC2ブログ

ホロホロ鳥のコンフィ&お肉

ホロホロ鳥

チキン」3 


ホロホロ鳥てご存知ですか?味はチキンにそっくり何ですが、チキンよりも香りもよくとても濃厚です! 
これでコンフィを作りました。
ちなみにコンフィとは

フランス料理の調理法で保存性を上げることのできる物質に浸して理した食品の総称です。
主に南西フランスで用いられます。
肉の場合は塩とハーブをまぶして油脂の中で低温で加熱した後、そのまま冷やして
凝固した油脂の中で保存します。
元々は冷凍技術のない時代に肉を保存する手段として始められました。 
         

また知り合いの方に教えて貰ったものです。それも食べたくて仕方なかったホロホロ鳥を使って
作りました。
ホロホロ鳥を食べると普通のチキンに戻れなくなるほどだとか・・・

そしてこれはネット販売ですが卸店なのですごくお安いのですって!
@ シェフプライド
ここのサイトですごく沢山のお肉を買いました!冷凍庫1杯です(^-^)

普通のお鍋に、直接油とハーブを入れて その中へ ホロホロ鳥をつけておく方法を
教えていただきました。

本当は真空パックなどがあれば少ない油ですみますが・・・・。今回は仕方ないですね。

これです!生のホロホロ鳥です。普通のチキン(鶏)と見た目は変わりません。

ミート4 ミート5

これを重さ1%の塩を揉みこんで1~2日冷蔵庫で寝かしておきます。水気を拭いて、お鍋に油と
オリーブオイルでもいいのですが、今回はサラダ油です!
ハーブを入れて、温度80~85度でその中へ漬けます。
調理用の温度計があればべストです。私は今回チョコの温度を測るものでしました。 )

時間は30~35分です。だいたい、初めに温度設定しておけば、後は弱火・チョロ火で大丈夫です。
その30分は他のおかずを作りながら時々温度を見ればそんな手間でもないです。
写真右が火の通った後です!

チキン6 チキン5

後はフライパンで表面の皮をカリカリにしたいのでを焼くだけです!
ローズマリーの香りのポテトとトマト、 バルサミコスの煮詰めたソースで・・・。

チキン2   
 
とてもやわらかくジューシーにお肉が出来上がります。

手間な方はオーブンで焼かれてもそれはそれでもオッケーです。
ホロホロ鳥を1度召し上がって見るとその美味しさに驚きます。夫でさえ美味しくて驚いていました。

中身は・・・・火が通っているのですがゆっくり入れることでピンク色です。

チキン1 

もう・・・病み付きです!とても豪華で誰かの誕生日?て子供が言うくらい(笑)
仕上げに焼くことで、皮がパリパリ!中のお肉が何て柔らかなのでしょう!
これ1本で340円です!とてもお安いです!
ああ・・真空パック機があればな・・。

ここで少し・・・・

*ホロホロ鳥について・・・
熱帯地方に生息するキジ科の鳥です。特殊鳥といわれるだけに、非常に神経質。
しかしながら、昔から改良されてなく、病気に強いというのが特徴。
さらに、寒さに弱いため、四季のある日本での 飼育は難しいと言われていますが
和歌山の中津村(現:日高川町)の隠れた名物としても有名です。

キジ科なので、キジ肉に似ていると言われますが、キジ肉特有のにおいやクセがありません
また、コクがあり肉質がやわらかく、とてもジューシーで口の中とろけるような食感です。

ヨーロッパでは鶏に比べ、肉質のよさ、食感等の評価が高く「食鳥の女王」として一般家庭でも、
高級食材としても 需要が高い食材でクセのない食鳥だといわれています。

脂肪は、良質の脂肪なので低コレステロール!そしてコラーゲンがたくさん含まれています。
鶏肉より脂肪が少なく、タンパク質が多く鉄分は牛肉と同程度で魚の3倍以上あり、
ビタミン類も豊富です。

日本人向けの料理としては今のところ、レパートリーの開発があまり進んでおらずベンチャービジネス
の素材としてしばしば脚光を浴びるものの、一般的に普及するには至っていない。 そうです・・・。


とても美味しくて子供も大喜び!今回は8本買いました。
・・・また買います!このお肉が本当にないので本当にお勧めです。 (^-^)

************************************

@他に買ったお肉

これ以外にも買いましたが、乳飲み仔牛 仔牛 アイオブロインでミルクの香りがします。
食感はささみに一見似ていますがとっても柔らかくモチン・・てこの食感癖になります。
1kgで1680円ほどです! こちらも子供も夫も大好きでした!


ミート1 ミート6

これは薄切りで、オリーブとハーブで焼いたのと、後は、生クリームとバターで
洋風のものを2種類作りました。 (電気の下で暗い・・・)


ミート8 ミート7

こちらはホルモン系なんですが・・・私以外に?子供のころからレバーなどホルモン系が好きで、
これははじめてですがハチノスと呼ばれてるらしい
牛の胃袋です。これもお勧めだと聞いて買いました。買うのはもう2回目です!
うちの子供もこちらもはじめて食べて病みつき!
ちなみにご存知の方も多いとは思いますが、牛には胃袋が4つあります。
第1胃はミノ、第3胃はセンマイ、第4胃はギアラそしてこのハチノスが第2胃ですね。

ハチノス4 ハチノス3

2種類炊いてみました。下処理した後に、ひとつは、トマトソース、ローズマリー、ワイン、
オリーブオイル、塩胡椒のイタリアン風。こちらマカロニみたい!イタリアンが合いますね!
後のひとつは、牛筋を炊くように甘辛味です。どちらも圧力鍋で17分!

ハチノス2 ハチノス1

噛み応えもあり、あのモチンとした感食は冷蔵庫を開けるたびに食べてしまいます。
の好みの似たママ友に言うとやはり好きだったらしく、なかなか売っていないので、
一緒に頼んで欲しいといわれました。 好みが同じて嬉しくなりますね♪


*ハチノスの名前の由来は、胃の内面の絨毛が蜂の巣のように、六角形がならんだような
状態になっているためです。

ホルモン系なども昔から大好きなので今後もネットショッピングお得なものを利用して行こうと
思います。 他にも買いました。ちなみにはホルモン系はダメです・・・・・。